072-331-1424
お問い合わせは
こちらから
2021年11月9日

考える習慣を

「明日何時に起きたらいい?」

「6時に起きたらいいよ」

 

何気ない会話ですがこれを当たり前にしない

すぐに答えずに考えることをさせましょう

 

「何時に起きようと思う」などと言って

子どもたちに考えて答えさせるのです

 

正解を求めるわけではありません

考えるという行為が大事なんです

 

日常の中で考える機会をどんどん作っていく

それが習慣になっていきます

 

考える習慣が身に付くのです